体育祭は「子供たちの主体性」を育成できる! 教師の役割は?

2020 6/18
目次

今回の記事は、体育祭の意義と教師の役割、ユーマンが当時体験したことを紹介!

教師側はあくまで裏方に徹して、生徒の主体性を育成していきたい所ですよね!

特に、中学・高校と上がるにつれて、生徒自身が何かをしたいという意欲、「主体性」が少しずつ出てきます。


委員会や体育祭など運営できるようになる成長が見れる!

教師は子供たちの主体性を見守る形へとシフト

もちろん、完全に任せきりという訳にはいきません!

「体育祭実行委員会」という形で、生徒は主体的に動いてどのようにすれば良い体育祭になるか、知恵を振り絞るのです(^^)

しかし、段取りや全体の声かけなど上手くいかないことが多く、頑張る生徒ほど大いに悩みますね・・・



子供たちのサポートが教師の役割と考えるのが大切!


それとなく解決策を与えたり、裏でバレないようにこっそりと段取りを整えておいたり、時には「よく頑張っているね!」と モチベーションを上げたり・・・

教師は、「見えないサポート」で生徒を支えて成長を促進させるのを最優先!

体育祭のスローガン、応援団、競技種目のスコア管理、司会進行などで運営に携わる生徒の成長は、目を見張るものがありました❗

私は学生時代、体育祭は単なるスポーツ大会程度にしか思わず、深く考えてなどいませんでした。

実際、教師になった視点で体育祭を経験すると、私の思ってた体育祭とは、かなり違いました!

f:id:abc-darkerlove1520:20190506105901j:plain
公立では当たり前なのかもしれませんが、
応援団があり、それも応援リーダー中心の応援パフォーマンスがあるとは思いませんでしたよ‼

私の母校では応援団はなく、クラス対抗で淡々と競技の順位を競うという感じ


応援団があって、バリバリに練習した方が熱くて楽しそうで、感動も違ったでしょうね!

青春を感じて羨ましいものでしたね(^^)

体育祭当日までは、競技の練習はもちろんですが、応援練習もたくさんあって、子供たちの熱が半端なかったですね。

教師はどこかの団に所属、応援団を指導する「中心となる教員の裁量」は凄かった

まず団長・副団長と各学年の応援リーダーを指導し、応援のパフォーマンス内容を決めていきます。

はっきり言って、相当まとめる力がないとできないと思いましたね・・・

当時学級経営の経験がない私は、ただじっと見ることしかできませんでした(~_~)

そして体育祭当日❗
私は赤団だったので赤の服で統一して気合い十分の格好で行きました。

晴天で最高の体育祭日和で、子供たちも落ち着かないのか、めっちゃ早くに登校してくる子が、ちらほらいました 笑

教師目線での体育祭は全然違う!

まず、子供たちの輝きがいつもと違いました

真剣そのもので、また熱い闘志を燃やし、競う姿は鮮明に今でも思い出せます。


応援パフォーマンスでは、持てる力の全てを出しきり、やりきった姿


得点の結果発表で盛り上がる歓声


最後には、応援団解散式が各団で行われ、リーダーを労う声と涙の感動


全てが私にとって新鮮で、体育祭のイメージが覆る貴重な経験になりました。


ユーマンははリレーのスタートダッシュを担当する子の補佐


進行や記録は、生徒会を含めた委員会がするんですが、私が顧問を務める保体委員がスタートダッシュの担当だったということです。

団の指導の時はほぼ見ているだけで、どのように声をかけて指導したら良いのか、さっぱり分からず・・・

これも勉強不足でした(^-^;


普段の学校生活だけでは見れない、子供たちの活躍を見れるのは良い(^-^)


そこから褒めの言葉1つでも子どもたちに伝えておくべきでした・・・

あわせて読みたい
ほめる達人になろう!ほめて伸ばす教育へユーマンの実践
ほめる達人になろう!ほめて伸ばす教育へユーマンの実践この記事では、ほめることで人生を豊かにする「ほめ達検定」を受けて思うこと、今後の挑戦すべきことを紹介しています。

体育祭は、大いに成長の可能性を秘めた「生徒の主体性ある見せ場」

勉強の苦手な子は、ここぞとばかりに違う輝きを見せて、学級全体が一致団結します。

担任の学級経営力が、体育祭で練習している段階からよく分かるんです❗

担任であっても、体育祭は主体性の育成が目的なので、あくまでサポートしたいところです。
担任が全面に出て引っ張らないといけないようでは、ここまで上手く学級経営できているとはいえない!
主体性が育てば、学級経営は楽にできます。


あわせて読みたい
生徒に「1年の期待を膨らませる」学級開きとは?
生徒に「1年の期待を膨らませる」学級開きとは?「学級開き」は担任最初の勝負!生徒は皆どんな先生か期待しているはずですから、教員もそれに応えるだけの準備をしましょう! 映像や物を使う、語る、歌うなど、学級開きは教員の個性が出ます!

何も実行委員会だけではありませんよね?

子供たちに話をする際に「一人ひとりが主役」であることを伝え、モチベーションを高めて子供と一瞬に感動しましょう!

体育祭で一致団結!でもそのためには日々の学級経営力から直結

いかに、子供を動かして体育祭にかける想いを学級内で育成できるか?がカギになります!

体育祭では子供たちの主体性を信じ、教師はサポートに徹して頑張っている姿を大いに褒めましょう!

関連記事

コメント

コメントする

目次