ユーマンがたった2年で教員を辞めた理由

2020 6/18
目次

今回の記事は、ユーマンが教員を辞めた理由を大きく3つに分けて紹介!

f:id:abc-darkerlove1520:20190621193118j:plain
「心身ともに限界」これが一番の理由です。

教員という仕事は、度々社会問題にもなっていますが、残業だらけで休みがほぼありません。

あわせて読みたい
教員時代の残業時間=月平均約80時間以上になる!!
教員時代の残業時間=月平均約80時間以上になる!!残業時間が月平均80時間以上は何度もありました。特に初任者は、研修準備を含めてノウハウがない分日々の新たな授業準備から必要なので、時間が足りません。具体的になぜこんな残業になるのか、例を挙げて分析していきます。

丸一日休めたのは、月に1回程度で部活で半日出勤が多い

どんな仕事も楽なものはありませんが、せめて週に1日でも心身共にリフレッシュできる休みがないと限界がきます・・・

通常休みのはずの土日祝は部活でほとんどつぶれる!

大会があれば丸一日つぶれますし、強いチームにつくなら県大会→全国大会に勝ち進んで、夏休みのような長期休暇もなくなる可能性もあります。

大会がなくても、練習試合をたくさんする熱心な部活や顔の広い顧問がいれば、頻繁に丸一日つぶれてしまいますよね(^-^;

通常の部活なら半日ですが、それでもプライベートの予定が組めなくなり、休んだ気がしません。

新人はほとんど、運動部系の顧問にさせられるので、体力的にもきつい!

サッカーや野球、陸上など野外なら夏の炎天下にやってると、地獄ですからね・・・

よく熱中症にならずにすんだな~って今思います!

もしかしたら、教員になる前暇な時間があったので、ほぼ毎日10km近くランニングして体力つけたのでそのお陰かもしれません!

なので今後教員になる人には、体力つけておくことを超オススメします!

あわせて読みたい
ユーマンの経験から、7つの教員に向いている人の特徴
ユーマンの経験から、7つの教員に向いている人の特徴教員に向いている人を、7つに絞ってユーマンの経験からまとめてみました! まずは現状どれだけ該当するか分析して、苦手な部分は努力して少しでも、得意になれるように自分自身を変えていきましょう! その経験は、子供たちの指導にも必ず役立ちます!!

最初はかなりキツくて、徐々に身体に影響が出始めます・・・

頻繁に体調崩して、風邪引きやすくなった

何も運動してないのに体重が一気に10キロ落ちた

でも、休めないのが普通と感覚が麻痺してくると慣れてきましたが、心身共に徐々に疲弊していき、最終的には完全にバーンアウトしてしまったのです。

2年目のある日、急に身体が動かなくなる!?

朝起きれず、身体が硬直して職場に行かなくてはいけないのに、身体が言うことを聞きません。

まさか、自分がこうなるとは思っておらず、最初は何が起きたのか全く理解できませんでした・・・

即効で主任と教頭、親にも連絡しましたね!

校長や教頭もきて話し合った結果、一旦休職することに

すぐに実家に帰り、再度診断してもらった結果、職場から離れざるを得ませんでした。

不思議と実家に帰ってる途中、心が安らいだのを覚えていますよ(^^;

結局は、「一旦休職→退職への手続き」をとることになります。

2番目の辞めた理由は、部活動の指導が苦痛だったから

わがままと捉えられても仕方ないですが、本当に苦痛でした・・・

あわせて読みたい
部活未経験のユーマン大苦戦!?活動指導で努力したこと
部活未経験のユーマン大苦戦!?活動指導で努力したこと部活動の全体指導は、学級経営と同じと言われています。もちろんせその部活の専門知識があった方が良いですが、チームとして機能しなければ、部活内で問題が起きてしまいます。部長、副部長を上手く指導し、学級経営と同じ意識で指導しましょう!

もちろん経験のないサッカー部顧問でも、サッカー自体を好きになる努力や指導の勉強はしましたが、相性は悪かったようです。

一応やりたい部活の希望を出せますが、実績がないと考慮されないです!

ある程度部活指導で実績あったり、専門性が高いなら希望が通るそうで、ずっと同じ部活顧問の人がいます。

ちなみに私はバスケ希望でしたが、単純に好きなだけなので、当然希望通りにはいきません!

そもそも部活が原因で休みがなくなりますので、それに見合った手当てがでるならまだしも、バイトの時給より安い手当てが支給される程度では納得できません。

ずっと問題視されているが、抜本的な改善はされていない

外部委託にせよ、人手不足な上に人件費など色々な問題が山積みなので、かなり改善は厳しいですね・・・

マイナス面ばかり書いてますが、生徒のイキイキとした姿、学校生活では見えなかった良い所の発見、頑張り成長する姿も見れます!


部活動指導に燃えている人は、相性ピッタリ

最後の理由は、生徒指導に悩みすぎてどうしたら良いか分からなくなった

まぁ私が未熟だったのもあり、上手くコミュニケーションがとれなかったのは事実ですけどね(涙)

とにかく生徒同士のトラブル対応や個人指導など、突き詰めたらきりがありません。

私は自分で言うのもなんですが、真面目な性格なので「皆何とかしてあげたい!」と当時よく考えていました!

休みの日も考えて悩んでしまっているほど、気負っていた

今となって思うのは、当時良かれと思って「一方通行なコミュニケーション」をとっていたかもしれませんね(^-^;
心身ともにもたなくなるので、真面目な人ほど教員にならない方が良いでしょう!
あわせて読みたい
ユーマンの経験から、7つの教員に向いている人の特徴
ユーマンの経験から、7つの教員に向いている人の特徴教員に向いている人を、7つに絞ってユーマンの経験からまとめてみました! まずは現状どれだけ該当するか分析して、苦手な部分は努力して少しでも、得意になれるように自分自身を変えていきましょう! その経験は、子供たちの指導にも必ず役立ちます!!

真面目な人からすれは、理解できない子たちが多すぎるので、真面目な人は生徒理解がしにくいのでしょう・・・。

子供たちもそうですが、保護者の中にも異常な人がいるので全く理解できないことがあります。全体の2割程はいますね・・・

結論は科目を教えることに集中したかった

私が塾や予備校よりの考えだったと、身をもって実感したことになります。

今の仕事の中に講師業もありますので、英語を教えることに集中できる私にはピッタリです!

教員のようにマルチに色々と教えることに魅力を感じるなら良いと思いますね。

あわせて読みたい
教員の仕事に魅力を感じる3つのポイントとは?
教員の仕事に魅力を感じる3つのポイントとは?今回の記事は改めて教員の仕事の魅力について、経験から感じたことをまとめたいと思います!特に魅了的なことは、「自分たちの頑張りが自分ですぐに確認できない」ということです。

たまに周りから教員に戻らないか聞かれますが、絶対にないと断言しています!

定年まで働けそうか、人生設計を考える

心身の不調をきたすほど我慢すると、最悪取り返しがつかない事態も考えられるので、健康第一で考えましょう!

仕事で100%不満がないことなんてないですが、一生そこで働いていけるか考えると、転職も視野に入れて実行すると吉になるかもしれません。

関連記事

コメント

コメントする

目次